やさしい着物  

sss048no2.jpg

紅型の小紋と花織の名古屋帯です。こちらの着物と帯は沖縄で作られているんですよ
北陸に住む私としましてはなんであんなに暖かい所できものなのか不思議でした。
昔は着物があたりまえで日本は蚕を育て輸出によって・・・貿易をしていた流れで シルクがものすごく貴重なものでみんなのあこがれの生地だったのでしょう そしてその貴重なシルクに柄を染めるために作り手が試行錯誤をくりかえし産地独特の色、織を作りだしたと思われます。 こちらの琉球紅型の小紋を見るとまさに沖縄の海・景色を見ているような綺麗さです 北陸では描くことのできない色だと思います。
全て手作業なので作るのにも手間ひまがいります 手のあじともいえるやさしさを感じます。
今はやりのプリントの技法ではこの味はだせませんね。プリントの技法はコピー技法なので価格を安くする為に
同じものをたくさん作り1枚単価を安くできる点ではいいと思いますが、きれいすぎて手ずくりの味がなく
またきものを着られる方としては希少価値がなくなり人と同じものを着たいと思いませんよね・・・
Tシャツとか洋服になるとプリントは威力をハッキすると思います。
本物は価格も高くなかなか買えませんが憧れは増すと思います。 なんでもコピーして似たような商品も多いですが数を減らしてでも本物をお勧めできればと思います。着物は何年たとうが本物は仕立て直ししながら着こんでゆけると思います。
sss048no1.jpg
手織の帯です 非常に軽く柔らかく上品です。
機械で織られたものは生地もかたく・・・値段は安いですが・・・
いいものをできるだけ安く購入するのが一番ですね。
sss032no1.jpg
お客様のご予算内にどれだけいいものをお見せできるかが役に立つ呉服店と認められるカギではないのでしょうか
お仕立ての技術はもちろんのこと着用後のシミ抜き・保管・着付けこだわって仕事をしていきたく思います。

ご訪問ありがとうございます。ランキング参加中です
↓1クリック押していただけると嬉しいです
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0