仕立て上がったきものの文庫いれ作業です  

2011_0812ホームページ用10017縮小版160

2011_0812ホームページ用10018縮小版160

2011_0812ホームページ用10019縮小版160

2011_0812ホームページ用10021縮小版160
2011_0812ホームページ用10022縮小版160

2011_0812ホームページ用10023縮小版160
衿元は専用の美装紙をはさみます・・・しわ防止になりますよ。

2011_0812ホームページ用10025縮小版160

2011_0812ホームページ用10026縮小版160

2011_0812ホームページ用10027縮小版160

2011_0812ホームページ用10028縮小版160

2011_0812ホームページ用10029縮小版160

2011_0812ホームページ用10030縮小版160

2011_0812ホームページ用10032縮小版160

2011_0812ホームページ用10033縮小版160

2011_0812ホームページ用10034縮小版160
検針器です・・・針が入っていないかを検査します。

2011_0812ホームページ用10038縮小版160

全体を検品しながらの文庫入れです お客様の大事なお着物なので
慎重にしていきます。長年きものをあつかっていると、手のひらには汗ばむことはなくなるものです
よごれにはとても注意をはらいます。
仕立て具合も良く検査します。
気をはる瞬間です・・・腰は痛くなりますね・・・
一度に何枚もはできないので休み休み丁寧にします。

2011_0812ホームページ用10037縮小版160

2011_0812ホームページ用10036縮小版160

帯〆。帯揚も小物文庫に入れます。
きれいですね。





スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://arimagofukuten.blog58.fc2.com/tb.php/115-9bf11e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)